利用規約


第1条 本規約について

本規約は、Seamless運営チーム(以下「運営チーム」といいます。)が運営する「Seamless(シームレス)」(以下「本サービス」といいます。)の利用について、運営チームと本サービスを利用する者(以下「ユーザ」といいます。)との関係を定めるものであり、本サービスの利用に伴う運営チームとユーザとの関係に本規約は適用されます。

ユーザは本サービスを利用する前提として、本規約の全文をお読みいただき、内容を十分に理解した上で、本規約に同意いただく必要があります。

運営チームは、本規約、プライバシーポリシー及び利用料金の改定を含む諸規定を随時変更できるものとします。変更があった際には本サービスのWEBサイトにて通知するものとし、当該変更内容の通知後、ユーザが本サービスを利用した場合又は1か月以内に本サービスの終了手続きを取らなかった場合には、ユーザは、本規約の変更に同意したものとみなします。

第2条 ユーザ登録

本サービスのユーザ登録をする者は、本規約の全てに同意し、運営チームが定める所定の手続きを経てユーザ登録申請をしなければなりません。

運営チームは、前項のユーザ登録申請があった場合、運営チームが定める必要な審査や手続き等を経た上で、本サービスへの登録を承認するか決定します。

運営チームは、前項の審査において、以下のいずれかに該当する場合、ユーザ登録希望者へ理由を開示する事なく、当該登録を拒否することができます。

  • (1)運営チームに提供した登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
  • (2)未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
  • (3)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると運営チームが判断した場合
  • (4)過去において運営チームとの契約に違反した者又はその関係者であると運営チームが判断した場合
  • (5)その他、運営チームが登録を適当でないと判断した場合
第3条 本サービスの利用

本サービスは、法人又は個人事業主を対象とし、法人又は個人事業主が事業を遂行するうえで必要となる、タスク、文書、ファイルなどを一元管理することにより、プロジェクト管理を円滑化することで、事業及び組織の発展に資することを目的としたサービスとなります。

ユーザは本サービスの利用にあたり、利用方法に関する注意事項又は指示がある場合にはその内容に従って、本サービスを利用しなければなりません。

ユーザが本サービスの機能を利用した結果、損害が生じた場合については、原則としてユーザが自己においてその責任を負わなければなりません。

第4条 登録情報及び認証情報の管理

ユーザは自己の責任と費用負担によって、登録情報及び認証情報の管理を行います。ユーザは認証情報を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、公開等をすることはできません。

認証情報の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任はユーザが負うものとし、運営チームは一切の責任を負わないものとします。

ユーザは、以下のいずれかに該当する場合、直ちに運営チームにその旨を届け出るものとします。

  • (1)登録情報に変更が生じた場合
  • (2)認証情報を第三者に知られた場合
  • (3)認証情報が第三者に使用されている疑いのある場合

ユーザが前項の届出をしなかった事により発生した不利益について、運営チームは一切の責任を負わないものとします。

第5条 ユーザ情報

運営チームは、ユーザに関する個人情報、登録情報その他本サービスの利用に伴い発生する情報については、別途定めるプライバシーポリシーに基づき取り扱うものとし、ユーザは当該プライバシーポリシーに従って運営チームがユーザの情報を取り扱うことについて同意するものとします。

第6条 利用料金・利用料金の支払い

本サービスにおいて、有料となる機能を利用した際には、機能の内容、利用期間及びアカウント数等に基づき、運営チームが別途定める利用料金が発生します。

本サービスの有料機能は、原則として月額課金制です。利用期間が1か月に満たないうちに有料機能の利用を解約した場合でも、ユーザは当該解約月の月額利用料金の全額を支払う必要があり、日割りによる精算等は行われません。

ユーザは、本サービスの利用料金をクレジットカードにより、別途指定した期日までに支払うものとします。

第7条 禁止行為

ユーザは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

  • (1)本サービスのID及びパスワードを第三者に利用させる行為
  • (2)本サービスのID及びパスワードを貸与、譲渡、名義変更、売買する行為
  • (3)コンピューターウイルス等の、システムの正常な動作を妨げるプログラム又はデータを本サービスのシステムに感染させる行為
  • (4)定められた手順以外の方法で、本サービスのシステムにアクセスする行為
  • (5)本サービスの仕様又は機能制限の範囲を超えて利用する行為
  • (6)本サービスを、機能解析、ソフトウェア又はシステムの構成分析、技術調査等、本サービスの効能を本来の利用目的以外の目的で利用する行為
  • (7)本規約その他本サービスに関する合意又は法令に違反する行為
  • (8)本サービスを用いて運営チーム又は第三者の権利又は利益を侵害する行為
  • (9)その他、運営チームが不適切と判断した行為

前項の行為の一に派生又は関連して運営チーム又は第三者が何らかの損害を被った場合、ユーザは運営チーム又は第三者に対して損害の賠償をしなければなりません。

第8条 本サービスの停止等

運営チームは、以下のいずれかの事由が発生した場合、本サービスの全部又は一部を停止等することができ、これによりユーザ又は第三者に損害が発生した場合、責任を負わないものとします。

  • (1)定期的又は緊急的に本サービス提供のためにシステムの保守又は点検を行う場合
  • (2)火災、停電、天災地変等の非常事態により本サービスの運営が不能又は困難となった場合
  • (3)本サービス提供のためのシステムの不良、第三者からの不正アクセス、コンピューターウイルスの感染等による場合
  • (4)法令等に基づく措置により本サービスが提供できない場合
  • (5)その他、運営チームが止むを得ないと判断した場合
第9条 退会等

ユーザは、運営チーム所定の手続きを経て、本サービスの利用を終了することができます。

運営チームは、ユーザが以下のいずれかの事由に該当する、又はその恐れがあると判断した場合、ユーザへ事前の通知及び承諾を得る事なく、ただちに当該ユーザを退会又は利用の停止をさせることができます。なお、この場合、運営チームはユーザに対して理由を開示する義務を負いません。

  • (1)第7条に定める禁止事項を行った場合
  • (2)登録情報に虚偽がある場合
  • (3)第三者になりすましてユーザ登録を行った場合
  • (4)登録された連絡先等が機能しておらず、連絡が取れない状況にある場合
  • (5)利用料金の支払いを期日から1ヶ月を超えて怠った場合
  • (6)第2条第3項各号の登録拒否事由に該当することが判明した場合
  • (7)上記各号の他、ユーザとして不適切と判断した場合

前項の定めに従い退会がされる場合、ユーザと本サービスの間で締結された契約は解約され、ユーザは本サービスを利用する権利を全て失います。

運営チームが第2項に従いユーザの退会処理を行う際、運営チームが何らかの損害を被った場合、ユーザは運営チームに対して損害の賠償をしなければならなりません。

第10条 損害賠償等

ユーザが本サービスを利用して運営チーム又は第三者に損害を与えたことに起因し、運営チームが自ら損害を被り又は第三者に対して損害賠償責任を負うことになった場合、その損害賠償額及び弁護士費用その他一切の費用を当該ユーザに請求できるものとします。

運営チームはユーザ又は第三者が本サービスの利用により被った損害については、運営チームの故意又は重過失によるものを除き、一切の責任を負わないものとします。また、運営チームがユーザ又は第三者に対して損害賠償責任を負う場合、過去1年間においてユーザが運営チームに対して支払った利用料金の総額を上限額として、当該金額に限り、その責任を負うものとします。

第11条 免責事項

運営チームは、本サービスの運営において必要な変更、停止、廃止を予告なくできるものとし、これによりユーザが被る一切の損害につき責任を負わないものとします。

ユーザが本サービスの利用により第三者に対して損害を与えた場合、ユーザは自己の責任と費用でこれを解決し、運営チームに一切費用等の請求をすることはできないものとします。 第12条 利用規約上の地位の譲渡等

ユーザは、運営チームの書面による事前の承諾なく、本規約上の地位又は本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできないものとします。

運営チームは、本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザの個人情報その他の利用者情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

運営チームは、ユーザが本サービスの利用料金等を支払期限を経過しても支払わない場合、ユーザに対する権利については、第三者に譲渡することができるものとし、ユーザは、これについて予め同意しているものとします。

第13条 分離可能性

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第14条 紛争解決

本サービスの利用に関して、本規約の記載事項又は運営チームからの指導により解決できない問題が生じた場合は、双方協議の上誠意を持って解決するものとします。

第15条 準拠法及び裁判管轄

本規約及び関連する諸規定の準拠法は日本法とします。

本サービス、本規約及び関連する諸規定に関して紛争が生じた場合には、広島地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


改訂履歴
  • 2018年12月12日 制定